引っ越しにはダンボールを

引っ越しにはダンボールを用意しよう

引っ越しにはダンボールがつきものです。一番手っ取り早いのは引っ越し業者に必要な枚数分だけを用意してもらうことです。おおよそ見積りの時に何個くらい必要か教えてもらえるので、その分だけ購入します。引っ越し業者では何個かを無料サービスしています。引っ越し業者にお願いするメリットは、同じ大きさのダンボールで、引っ越しに適した強度を持ったダンボールを用意してくれることです。自分で用意するとなると、なかなか同じ大きさを多数用意するというのは、以外と難しいものです。
最近の引っ越し業者では、荷造りまでしてくれる業者もあります。このような業者では、専用のダンボールケースを用意しているところも多くなってきました。これらは引っ越し後の処分も考えなくてよいため、煩わしさがありません。

包茎は3種類

包茎で悩んでいる人は、少なくないかもしれませんね。
海外では「割礼」といって、幼児の頃、男の子の包皮を切ってしまうことが行われる国もあるといいますが、日本ではそのようなことは行われないため、日本人の実に半数以上が、包茎であるともいわれています。
ただ一口に「包茎」といっても、実は3種類があるんですね。
それは「真性包茎」「カントン包茎」「仮性包茎」で、後者ほど、包茎の症状は軽くなります。
ただ今では、仮性包茎でも手術をして包茎を治してしまうことが少なくないようです。
反対に手術をせずに、ゼファルリンなどの増大サプリを飲んでいる人もいるようです。

真性包茎とは?

真性包茎とは、症状が一番重い包茎のことで、包皮が亀頭を完全に覆ってしまい、手で剥こうとしても剥くことができません。
陰茎が勃起しても、包皮は亀頭をおおったままになりますから、真性包茎の場合、正常に性行為を行うことが、なかなか難しいことになります。
また包皮で覆われた亀頭部分はどうしても不潔になりがちで、感染症や、さらに包皮と亀頭が癒着してしまうなどの危険もあります。
真性包茎の場合には、基本的に手術が必要で、手術費用は健康保険が適用されます。

カントン包茎とは?

カントン包茎の場合、真性包茎よりやや症状が軽く、陰茎が勃起していない時には、包皮を手で剥くことができるというものです。
ただ包皮の先、包皮口が細いため、包皮を剥き、亀頭を露出した状態で陰茎が勃起してしまうと、包皮口が亀頭のカリの部分を通り抜けることができなくなります。
重度の場合には、包皮口が陰茎を圧迫することにより、亀頭部分が充血し、最悪の場合壊死してしまうことも起こります。
カントン包茎も基本的に手術が必要で、手術費用は健康保険が適用されます。

仮性包茎とは?

包茎のうち、一番症状が軽いのは仮性包茎です。
仮性包茎は陰茎が勃起した状態でも、手で包皮を剥き、亀頭を露出させることができるため、性行為などは正常に行うことができ、生活に大きな支障はありません。
ただ仮性包茎でも、不潔にすると、包皮と亀頭のあいだに恥垢がたまり、感染症の危険があるのも事実です。
また仮性包茎は、見た目があまり良くないと思う人も、少なくないようです。
ですから仮性包茎の場合でも、手術をする人は、現在少なくありません。
手術費用に健康保険は適用されませんが、概ね5万〜15万円程度で手術を行うことができます。
症状が軽いため、ゼファルリンのような増大サプリを飲んでみるのもいいでしょう。

手術費用以外にかかる料金は?

基本として手術費用以外には料金はかかりません。
ほとんどのクリニックでは無料カウンセリングのときに手術費用もはっきりと提示してくれるはずです。
手術予定の内容にしっかりと納得できるなら、手術費用がそれ以上にかかることはないと思われます。

ただし、オプションとして追加料金が必要な場合もあります。
それも多くのクリニックでは、カウンセリングのときに提案されたりするはずです。
オプションというのは、包茎手術以外にペニスを長くしたり、亀頭を増大させる施術となります。
これらのオプションを付け加えるなら、追加料金になることもあるでしょう。

手術費用のことでトラブルを起こさないためにも、カウンセリングのときに手術費用についてきちんと聞いておきましょう。
あるいはゼファルリンのような増大サプリを飲んで買いするといいう手もあります。
増大サプリメントなら副作用もないから安心ですね。

おおまかな手術費用とオプション料金は?

ほとんどの仮性包茎の場合は、その費用が8万円〜16万円ぐらいの相場となります。
もし真性包茎やカントン包茎の手術の相場なら、20万円前後であることが多いようです。
でもあなたが学生なら、病院によっては学割があるところもあります。

それから様々なオプション料金の相場としては、
亀頭強化なら約50,000円〜120,000円ぐらいとなっています。
早漏改善や亀頭形成であれば約100,000円〜190,000円ぐらいとなるのです。
しかしこれはあくまでも大体の基準であり、使用製剤などによっても料金は変わってきます。

クリニックによっては、インプラント製剤1本がいくらといった費用になるところもあるため気をつけましょう。
またほとんどのクリニックでは、現金だけでなく提携カード会社のクレジットを使うこともできます。
その他、クリニックが独自に用意しているローンもありますので、もし利用したいならカウンセリング時にそのことを伝えましょう。

ただし、オプションをつけると手術費用が割高になることもありますので、注意してください。

荷造りだけでないダンボールの用途

ダンボールは荷造りに必要なだけではありません。例えば、引っ越しの時に家具の角が当たって壁などを傷つけないように、角にダンボールをあてておきます。特に自分で引っ越しをする際には、こういった作業を丁寧に行なう必要があります。
ダンボールはクッション代わりにもなるので、適当な緩衝材がない場合にも使えます。食器を保護するために使うダンボールも販売されているようですが、少し薄いダンボールで包んであげると安心です。新聞紙で代用する場合もありますが、結構かさばって思うようにダンボール箱に入らないこともあります。また、ダンボール箱に中身に隙間ができて適当に埋めなければいけないときも、ダンボールを使って隙間を埋めれば、新聞紙のように後から荷物が偏っていた、というトラブルに遭うことも少なくなります。

余ったダンボールは有効に活用

引っ越し時に余ったダンボールは、引っ越し後には捨てることになると思いますが、できるだけ有効活用したいものです。引っ越してきて家具を搬入するときには、床に傷がつかないように、ダンボールを敷いておきましょう。カーペットの上に置くと目立つときには、カーペットの下に敷くといいでしょう。この場合、段差ができてしまってはよくないので、ちょうど家具に見合った大きさに切って使う事がポイントです。
ダンボールでカラーボックスの大きさの箱を作れば、ちょっとした引き出しにもなります。強度が出るように、上になる部分を重ねて分厚くしておけば、取り出しもしやすくなります。

引っ越しの際にあると便利なグッズ

MENU